定住者ビザ「扶養を受ける養子」必要書類

定住者ビザ「扶養を受ける養子」カテゴリー

外国人(申請人)の方が「日本人」「永住者」「定住者」「特別永住者」のいずれかの(在留資格を持つ)方の扶養を受けて生活する、6歳未満の養子である場合のカテゴリー区分は下記の2種類になります。
申請をする際の添付書類の種類が異なります。

『カテゴリー1』
日本人の方が扶養する場合

『カテゴリー2』
「永住者」「定住者」「特別永住者」の方が扶養する場合

申請に必要な添付書類

【在留資格認定証明書交付申請の場合】

『カテゴリー1』
1.市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの(下記全て)
① 日本人の方の戸籍謄本 1通
※ 養子縁組事実の記載がない場合には、戸籍謄本に加え養子縁組届出受理証明書の提出が必要。
② 日本人の方の住民票(世帯全員の記載があるもの) 1通
③ 本人の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通

2.職業・収入を証明するもの
(1) 日本人の方が会社に勤務している場合
① 日本人の方の在職証明書 1通
(2) 日本人の方が自営業等の場合
① 日本人の方の確定申告書の控えの写し 1通
② 日本人の方の営業許可書の写し(ある場合) 1通
※ 自営業の方は、自ら職業等について立証していただく必要があります。
(3) 日本人の方が無職である場合
① 預貯金通帳の写し 適宜

3.日本人の扶養者の身元保証書 1通
※「身元保証書」のサンプルは下記よりダウンロード可能です。

4.申請人の本国(外国)の機関から発行された出生証明書 1通

『カテゴリー2』
1.市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの (下記全て)
① 扶養者の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通
② 申請人の養子縁組届出受理証明書 1通
※ 日本の役所に提出している場合にのみ提出。
③ 扶養者の住民票(世帯全員の記載があるもの) 1通

2.職業・収入を証明するもの
(1) 扶養者が会社に勤務している場合
① 扶養者の在職証明書 1通
(2) 扶養者が自営業等の場合
① 扶養者の確定申告書の控えの写し 1通
② 扶養者の営業許可書の写し(ある場合) 1通
※ 自営業の方は、自ら職業等について立証していただく必要があります。
(3) 扶養者が無職である場合
① 預貯金通帳の写し 適宜

3.扶養者の身元保証書 1通
※ 「身元保証書」のサンプルは下記よりダウンロード可能です。

4.理由書(扶養を受けなければならないことを説明したもの、適宜の様式)1通

5.申請人と養子縁組が成立していることを証明する本国(外国)の機関から発行された証明書 1通

6.申請人の本国(外国)の機関から発行された出生証明書 1通

【在留資格変更許可申請の場合】

『カテゴリー1』
1.市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの(下記全て)
① 日本人の方の戸籍謄本 1通
※ 養子縁組事実の記載がない場合は、戸籍謄本に加え養子縁組届出受理証明書を提出。
② 日本人の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通
③ 申請人の住民票(世帯全員の記載があるもの) 1通

2.職業・収入を証明するもの
(1) 日本人の方が会社に勤務している場合
① 日本人の方の在職証明書 1通
(2) 日本人の方が自営業等の場合
① 日本人の方の確定申告書の控えの写し 1通
② 日本人の方の営業許可書の写し(ある場合) 1通
※ 自営業の方は、自ら職業等について立証していただく必要があります。
(3) 日本人の方が無職である場合
① 預貯金通帳の写し 適宜

3.日本人の扶養者の身元保証書 1通
※「身元保証書」のサンプルは下記よりダウンロード可能です。

4.申請人の本国(外国)の機関から発行された出生証明書 1通

『カテゴリー2』
1.市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの
① 扶養者の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通
② 申請人の養子縁組届出受理証明書 1通
※ 日本の役所に提出している場合にのみ提出。
③ 申請人の住民票(世帯全員の記載があるもの) 1通

2.職業・収入を証明するもの
(1) 扶養者が会社に勤務している場合
① 扶養者の在職証明書 1通
(2) 扶養者が自営業等の場合
① 扶養者の確定申告書の控えの写し 1通
② 扶養者の営業許可書の写し(ある場合) 1通
※ 自営業の方は、自ら職業等について立証していただく必要があります。
(3) 扶養者が無職である場合
① 預貯金通帳の写し 適宜

3.扶養者の身元保証書 1通
※ 「身元保証書」のサンプルは下記よりダウンロード可能です。

4.理由書(扶養を受けなければならないことを説明したもの、適宜の様式) 1通

5.養子縁組に係る家庭裁判所の許可書謄本 1通
※ 日本において養子縁組を成立させた場合のみ提出。

6.申請人と養子縁組が成立していることを証明する本国(外国)の機関から発行された証明書 1通

7.申請人の本国(外国)の機関から発行された出生証明書 1通

【在留期間更新許可申請の場合】

『カテゴリー1』
1.市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの
① 日本人の方の戸籍謄本 1通
② 日本人の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通
③ 申請人の住民票(世帯全員の記載があるもの) 1通

2.職業・収入を証明するもの
(1) 日本人の方が会社に勤務している場合
① 日本人の方の在職証明書 1通
(2) 日本人の方が自営業等の場合
① 日本人の方の確定申告書の控えの写し 1通
② 日本人の方の営業許可書の写し(ある場合) 1通
※ 自営業の方は、自ら職業等について立証していただく必要があります。
(3) 日本人の方が無職である場合
① 預貯金通帳の写し 適宜

3.日本人の扶養者の身元保証書 1通
※「身元保証書」のサンプルは下記よりダウンロード可能です。

『カテゴリー2』
1.市区町村の役所(役場)から発行してもらうもの
① 申請人の住民票(世帯全員の記載があるもの) 1通
② 扶養者の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通

2.職業・収入を証明するもの
(1) 扶養者が会社に勤務している場合
① 扶養者の在職証明書 1通
(2) 扶養者が自営業等の場合
① 扶養者の確定申告書の控えの写し 1通
② 扶養者の営業許可書の写し(ある場合) 1通
※ 自営業の方は、自ら職業等について立証していただく必要があります。
(3) 扶養者が無職である場合
① 預貯金通帳の写し 適宜

3.扶養者の身元保証書 1通
※ 「身元保証書」のサンプルは下記よりダウンロード可能です。

申請書類作成時の注意点

1.日本で発行される証明書はすべて、発行日から3ヶ月以内のものを提出してください。
2.提出書類が外国語のものであるときは、訳文を添付してください。

ファイルのダウンロード

Adobe Readerをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください(無償)。