運転免許証と在留資格

外国籍の方が日本で車を運転するには、

1. 日本の免許証
2. 国際免許証
3. 日本と同等の運転免許制度を有していると認められる国・地域の免許証(現在は、スイス、スロベニア、ドイツ、フランス、ベルギー、モナコ、台湾のみ)

以上の3点のうち、いずれかを持っている必要があります。

また、国際運転免許証や有効な外国の運転免許証では、日本で運転出来る期間が定められており、日本に上陸した日から1年、もしくは運転免許証の有効期限のいずれか短い期間しか運転できません。

【外国の運転免許をお持ちの場合】
日本で運転免許証を発行する場合は各在日領事館か(社)日本自動車連盟(JAF)の国内支部や事務所に外国の運転免許証と日本語の翻訳文を提出し、審査を受けて交付されます。
政令で定められた日本語の翻訳文作成者は、以下のように定められています。

・外国行政庁(当該外国運転免許証を発給している行政当局)
・当該外国の在日大使館、総領事館
・一般社団法人日本自動車連盟(JAF)

【外国の運転免許証から日本の運転免許証に変更する場合】

免許試験の一部免除により取得することができます。

申請は、日本での住所地(一時滞在先)の都道府県警察の運転免許センター等で受け付けており、運転について必要な知識等、または運転に関する技能を確認し、運転することに支障がないと認められた場合には、免許試験の一部(学科試験、技能試験)が免除されることとなります。ただし、

1. 外国で運転免許を受けた後、その国に通算して3ヶ月以上滞在していたことが証明できること(出入国の証印のあるパスポート等滞在期間を証明する資料が必要となります。)
2.外国の運転免許証が有効期限内であること
が条件となります。
なお、国際運転免許から日本運転免許への切替え(免許試験の一部免除)は実施しておりません。
申請に必要な書類等は、都道府県により異なる場合がありますので、詳細については申請される都道府県警察の運転免許センター等へお問い合わせください。

【外国の運転免許をお持ちでない場合】
外国の運転免許証を持っておらず、日本の運転免許証を取得したい場合は、日本人と同様に通常の運転免許試験を受けて合格し、日本の運転免許を取得する必要があります。なので住民票や在留カード、パスポートなどが必要になります。以上のことから、外国の運転免許証を持っておらず日本の運転免許証を取得したい場合、在留カードが交付されない在留資格「短期滞在」での新規取得は出来ないことが分かります。
申請に必要な書類は申請される自動車教習所や運転免許センターにお問い合わせください。