身元保証人の責任範囲

「身元保証人」とは、申請人である外国籍の方の日本における滞在が適法に行われることを在外公館長(日本国大使・総領事等)に対し保証する方です。

身元保証人が必要になる在留資格は、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者の方で、身元保証書はこれらの方の在留資格申請の際に提出していただく書類です。

身元保証人の責任については、民法上の「保証人」のように法的責任を伴うわけではなく、道義的責任に留まりますが、保証事項(滞在費、帰国旅費、法令の遵守)が履行されないと認められる場合は、それ以降のビザ申請において身元保証人となった場合には、信用性を失うことになります。つまり、申請しても信用の無い方が身元保証人になったところで許可が下りることはまずありません。

また、身元保証人や招へい人が、申請人との関係や渡航目的を偽った書類を作成し、結果的にテロリストの入国や人身取引等の犯罪に荷担することとなった場合には、別途刑事責任を問われる場合もありますので十分にご注意ください。

東京都新宿区高田馬場にあるビザ申請・帰化申請NAVI東京(運営:行政書士法人Climb)は、新宿区高田馬場にあり、山手線高田馬場駅から約3分、東京メトロ副都心線西早稲田駅から徒歩8分、東京メトロ東西線高田馬場駅から徒歩10分でアクセス可能です。勿論ご指定いただければお客様のご希望される場所にいつでもこちらから出張致します。

在留資格に関する申請手続きは複雑なものです。ご自身の負担を軽減し、本来の業務に集中したいとお考えであればお気軽にご相談ください。