みなし再入国許可

みなし再入国許可とは?

みなし再入国許可とは、2012年7月9日より導入された制度です。

有効な旅券および在留カードを所持する外国籍の方が、出国する際、出国後1年以内に日本での活動を継続するために再入国する場合は、原則として再入国許可を受ける必要がなくなるというものです。

みなし再入国許可により出国した方は、その有効期間を海外で延長することはできません。出国後1年以内に再入国しないと在留資格が失われることになりますので、注意してください。在留期限が出国後1年未満に到来する場合は、その在留期限までに再入国する必要があります。

手続の方法

みなし再入国許可を受けるためには、有効な旅券および在留カードを所持し、出国の際に「再入国出国記録」の「意思表示」の欄の「みなし再入国による出国を希望します」にチェックを入れる必要があります。

みなし再入国許可の対象とならない方

・在留資格取消手続中の者
・出国確認の留保対象者
・収容令書の発付を受けている者
・難民認定申請中の「特定活動」の在留資格をもって在留する者
・日本の利益または公安を害するおそれがあること
・その他の出入国の公正な管理のため再入国の許可を要すると認めるに足りる相当の理由があるとして法務大臣が認定する者

注意点

・出国して1年を超えてしまうと、在留資格や在留期限が消滅してしまいます。もしあらかじめ1年を超えてしまうことが分かっているのでしたら、再入国許可を申請しましょう。
・みなし再入国許可により出国した場合、海外では有効期限の延長をすることはできませんので注意しましょう。
・再入国許可を取得していない場合、たとえ永住者でも永住権を剥奪されてしまいますので、ご注意ください。