会社設立の必要書類

ここでは会社を設立するために必要な書類をご説明します。
まず最初に会社の基礎といえる定款(ていかん)を作成します。その後、公証役場で公証人に定款を認証して頂きます。事前に公証人に定款に問題が無いかを確認してもらい、公証人のスケジュールも確認して、いつ認証してもらうかを決めます。

公証人に認証して頂く際に必要になる書類は以下になります。

定款(ていかん)
印鑑証明書の写し
申請人の委任状(代理で行う場合)

定款の認証を終えたら、本店の所在地を所轄する法務局にて法人の登記申請を行います。

気を付けて頂きたいのは、申請する場所は本店の所在地を所轄する法務局であることです。間違った場所へ登記申請しても受け付けてもらえません。会社設立日には特別な思いを持っている方が多くいらっしゃいます。登記申請した日が会社設立日ですので申請場所には本当に気を付けましょう。

登記申請に必要な書類は以下になります。

設立登記申請書
定款謄本(ていかんとうほん)
登録免許税分の収入印紙を添付した用紙
就任承諾書
本店所在場所決議書
印鑑届書
印鑑カード交付申請書
印鑑カード返信用封筒
払込みを証する書面
登記するべき事項(この書類は必須ではありません。)